『アナと雪の女王/家族の思い出』1・3、テレビ初放送 長編と2本立て
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本では2014年3月より公開され、興行収入255億円を記録し、主題歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」が大ヒット、「アナ雪」の略称で社会現象にもなったディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』(13年)が、来年1月3日(後6:30)にテレビ朝日系で放送される。その際、今年3月に劇場公開された最新作『アナと雪の女王/家族の思い出』もテレビ初放送。2本立てで楽しめる。

【画像】何度目でも楽しめる『アナ雪』

 『アナと雪の女王』は、アンデルセンの「雪の女王」をモチーフにしたストーリー。アニメーション映画としては全世界興行収入歴代1位となる空前の大ヒットを記録し、『第86回アカデミー賞』では、長編アニメーション賞と主題歌賞の2冠に輝いた。主題歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」は、劇場で観客が一緒に歌うなど、誰もが口ずさむ名曲となった。

 劇場公開から1年足らずでテレビ初放送される『アナと雪の女王/家族の思い出』は、『アナと雪の女王』の人気キャラクターたちが再結集。ディズニー/ピクサー・アニメーション映画『リメンバー・ミー』の同時上映作品として劇場公開された。主人公は人気の雪だるまキャラクター、オラフ。クリスマスの伝統的な迎え方が分からずに落ち込むアナとエルサのために立ち上がったオラフ。そんな彼が繰り広げる大冒険をコミカルに描いた作品。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事