齋藤飛鳥と“自然体デート” 『マガジン』カバーで魅せるハタチの輝き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥(20)が、12日発売の『週刊少年マガジン』2・3合併号(講談社)の表紙に登場。女優としても注目を集める最強美少女が、磨きのかかった表現力を鮮やかに披露した。

【別カット】キッチンで座り…ナチュラル感たっぷりの齋藤飛鳥

 10月公開の映画『あの頃、君を追いかけた』ではヒロインを演じ、ファッション誌『sweet』ではレギュラーモデルを務めるなど、アイドルという枠を超えて活躍する齋藤。今年8月にも『マガジン』の表紙を飾ったときは10代だったが、今回は20代の女性としての輝きを発揮した。

 部屋の中でくつろぐ姿や、釣り堀で釣りを楽しむ姿、水族館での物憂げな表情やイルカショーを間近で体験する姿など、まるで自然体のデートを楽しんでいるような感覚になれる大ボリュームのグラビアとなっている。インタビューでは、卒業を控えている西野七瀬の「好きなところ」ベスト3も語っている。

 同誌の公式ツイッター【@shonenmagazine1】やインスタグラム【@shonenmagazine.kousiki】では、アザーカットを公開中。同号の巻頭カラー漫画は、『東京卍リベンジャーズ』(和久井健)。

 撮影/HIROKAZU スタイリング/優哉 ヘアメイク/住本彩 デザイン/松本麻実 (GROSVENOR design)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事