『8時だJ』20年ぶり復活 タッキー引退で嵐、関ジャニ、山P、斗真ら一夜限り再集結
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1998年4月から1999年9月までテレビ朝日系で放送され、滝沢秀明や嵐など今をときめく人気メンバーがジャニーズJr.時代に出演していた『8時だJ』が、同局開局60周年記念『超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ』(29日 後8:54)として、20年ぶりに一夜限りの特番で復活を果たすことがわかった。当時からリーダー的存在だった滝沢の芸能活動引退を前に、嵐、関ジャニ∞、山下智久、生田斗真、風間俊介、長谷川純ら“ドリームメンバー”が再集結。滝沢は「僕らの青春時代です。大人になった仲間と、この番組で再会できること、うれしく思います」と喜びのコメントを寄せている。

【画像】20年ぶりに復活する番組『8時だJ』のロゴタイトル

 今から約20年前、同局のゴールデンタイムに放送されていた『8時だJ』は、ジャニーズJr.たちが体を張ってさまざまな企画に全力で挑戦していた、ファンのなかでは“伝説”として語られるバラエティー。今回の特番ではメンバーの“絆”は本物なのかを問いかけるべく、懐かしの貴重映像をクイズ形式でプレイバック。滝沢秀明率いる『8時だJチーム』と、ゲストとして招いた『芸能人チーム』の対抗戦で展開され、司会は当時と同じくヒロミが担当する。

 「現在のキャラと真逆!? 超天然ポンコツキャラであらゆることに失敗していたのは誰?」「プロ意識ゼロ&素人感満載で、思わず下ネタを口にしちゃったメンバーが存在した!?」「収録中に我慢できず『トイレに行きたい」と自己申告! 途中退出するというハプニングがあった!?」「とにかく爪痕を残そうとムダに声を上げ、カットインを連発していたのは誰?」「めちゃくちゃ高音の原曲キーのまま『もののけ姫』を歌い上げた、かわいすぎるメンバーは?」など、若さゆえの恥ずかしさ満載の過去にメンバーたちは赤面&悶絶しまくり。

 また同局人気バラエティー『あいつ今何してる?』さながら“あいつ今スタイル”で、メンバー一人ひとりと事前打ち合わせを実施。当時のメンバーに対して「ずっと気になっていたこと」「この際だからハッキリさせたいこと」など語るVTRをスタジオで公開し“答え合わせ”をしていく。「今だから言えるけど、ねたみそねみひがみで、当時●●を大嫌いだった」「当時ある事件を起こしてしまい、20年ずっとその十字架を背負ってきた…」「今だから●●に本気で謝りたい…」など、オフモードで語られたインタビューでは意外な秘話も飛び出す。

 滝沢は「ジュニアが歌、ダンス以外にコントやスポーツ、いろいろな事にチャレンジしたので、パフォーマンスの原点のようなものです」と当時を懐かしみながら、「少年時代に戻り、とにかく同窓会気分で楽しみたいと思います」と期待をかける。

 当時は彼らの兄貴分として、60人ほどのジャニーズJr.をまとめていたヒロミは「ファンの皆さんにとっても、歌番組以外で彼らがこんなにそろうところなんて見たことがないでしょうから、必見です! 僕自身も『皆、大きくなったな、頼もしくなったな~』という、親戚のおじさんみたいな思いを胸に参加するんじゃないかな(笑)。『8時だJ』はファンの間では伝説の番組だと聞いていますが、この一夜限りのスペシャルもきっとまた伝説になるだろうと確信しています。その瞬間をぜひ目撃してください、まさに保存版の番組です!」と力を込めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事