三億円事件“実行犯”による独白小説が漫画化 『ジャンプ+』で29日連載開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小説投稿サイト『小説家になろう』で8月に投稿されて話題となった三億円事件の“実行犯”による独白小説『府中三億円事件を計画・実行したのは私です。』(原作:白田)が漫画化され、漫画アプリ『少年ジャンプ+』で29日から連載がスタートすることが決定した。

【画像】発売後すぐに重版された書籍『府中三億円事件を計画・実行したのは私です。』

 同作は、1968年12月に起きた未解決事件「三億円事件」が題材。いまだ真相が闇に包まれたままの伝説の事件の「実行犯」が、50年の時を経て告白するという独白&青春ストーリー。

 小説投稿サイト『小説家になろう』に8月に投稿後、1位を獲得(日間・週間・月間ヒューマンドラマ「文芸」ランキング<2018年10月>)し、各メディアで取り上げられて話題に。書籍が7日にポプラ社から出版されると即重版となり、発売5日で10万部を突破した。

 漫画版は、ユーザー投稿型WEB漫画アプリ『ジャンプルーキー!』で開催した『スポーツ漫画賞』で大賞を受賞したMUSASHI氏が漫画を担当し、今作で連載デビュー。29日より月刊連載で、毎月下旬に『少年ジャンプ+』で公開していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事