故アレサさんたたえる演奏会 ロサンゼルスで来年1月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アレサ・フランクリンさん(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞の主催団体レコーディング・アカデミーは27日、「ソウルの女王」と呼ばれ、8月に76歳で亡くなった黒人歌手アレサ・フランクリンさんの功績をたたえるコンサートを来年1月13日、ロサンゼルスで開催すると発表した。

 長年交流関係があり、作品を手掛けた大物プロデューサー、クライブ・デイビス氏も主催者に名を連ね、セリーヌ・ディオンさんやアリシア・キーズさんら著名ミュージシャンが出演する予定。

 フランクリンさんは1960年代から音楽界で活躍し、グラミー賞を計18回受賞。8月に自宅で膵臓がんのため死去した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事