藤井七段、最多タイ18連勝 将棋順位戦デビューから無敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 藤井聡太七段
 藤井聡太七段 将棋の順位戦デビュー後18戦全勝で最多記録に並び、感想戦で笑顔の藤井聡太七段=8日夜、大阪市の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は8日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦のC級1組で富岡英作八段(54)を破り、前期からの連勝を18に伸ばした。順位戦でデビューから無敗の18連勝は、中原誠16世名人(71)と並ぶ最多記録。

 藤井七段は順位戦に前期から参加し、C級2組で10戦全勝の成績を挙げて同1組に昇級した。今期の対戦成績は8連勝となり、連続昇格へ前進した。次回、9連勝を懸けて近藤誠也五段(22)と対戦する。

 順位戦は最上位のA級からC級2組まで5クラスあり、A級の優勝者が名人挑戦者となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事