パリで日仏の女性小説家がシンポ 林真理子さんら文学の未来に希望
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 18日、パリで開かれた文学シンポジウムに参加した作家の(左から)林真理子さん、桐野夏生さん、角田光代さん(共同)

 【パリ共同】日本とフランス両国の文学の在り方や女性作家を巡る状況を話し合うシンポジウムが18日、パリで開かれ、参加した林真理子さんら両国の女性小説家5人は、文学の影響力は弱まっているが、まだ未来に希望はあるとして「小説万歳」と願いを込めた。

 林さんは1980年代前半のデビュー当時、芥川・直木両賞の選考委員に女性は一人もいなかったが、今はほぼ半数が女性となったと変化を指摘。「女性が性を書くことを男性は嫌がった」と振り返った。

 一方、ステファニ・ジャニコさんは90年代からの「自伝的小説」の広がりの中で「フランスでは女性が性を語ることを男性は好む」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事