米国版「君の名は。」実写化へ ウェブ監督で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 マーク・ウェブ監督(UPI=共同)

 東宝は15日、2016年に公開され大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」の米ハリウッド版実写映画を、「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」などで知られるマーク・ウェブ監督が手掛けると発表した。公開日やタイトル、キャストは未定。

 アニメ版に引き続きプロデューサーを務める川村元気さんは「ラブストーリーの名手であるマーク・ウェブ監督が、この作品を新しい切り口でさらなる高みに連れて行ってくれることを確信している」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事