仲邑菫さんにプロ免状授与 囲碁、最年少デビューへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 囲碁のプロ初段免状を手に笑顔を見せる仲邑菫さん。4月に史上最年少でプロ入りする=26日午後、東京都千代田区の日本棋院

 4月に史上最年少でプロ入りする仲邑菫さん(10)は26日、東京都千代田区の日本棋院で開かれた同棋院の合同表彰式で、プロ初段免状を受け取った。門出を迎えた菫さんは記者会見で「世界で戦える棋士になりたい」と時折、笑顔を見せた。

 式では一礼して免状を受け取った菫さんだったが、報道陣のために、授与をやり直す一幕もあった。菫さんは同棋院が世界での巻き返しを目指して新設した「英才枠」でプロになることが決まり、注目を集めている。

 今回、免状を授与された新初段は菫さんを含めて13人。2月に小学6年でプロ入りを決めた上野梨紗さん(12)も出席した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事