カンヌ国際映画祭が開幕 コンペに日本作品なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 第72回カンヌ国際映画祭開幕式に出席した俳優のアダム・ドライバーさん(左から4人目)、クロエ・セビニーさん(同5人目)ら=14日、フランス・カンヌ(ゲッティ=共同)

 【カンヌ共同】世界三大映画祭の一つ、第72回カンヌ国際映画祭が14日(日本時間15日)、フランス南部で開幕した。

 コンペティション部門では、クエンティン・タランティーノ監督やケン・ローチ監督の新作など21作品が最高賞「パルムドール」を競う。日本作品は選ばれなかった。審査員長はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。

 開幕上映はクロエ・セビニーさんやアダム・ドライバーさんらが出演するジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画「デッド・ドント・ダイ」が飾った。

 映画祭は25日まで開催。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事