将棋の藤井七段、本戦入り王手 第45期棋王戦予選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は15日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の一つ、第45期棋王戦予選8組の準決勝で牧野光則五段(31)を破って決勝に進出、渡辺明棋王(35)への挑戦者を決める本戦トーナメントまであと1勝とした。

 棋王戦は予選突破者、シード棋士で挑戦権を争う。藤井七段は、3期連続での本戦入りを目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事