「スケールすごい」と唐沢寿明 トイ・ストーリー4をPR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アニメ映画の最新作「トイ・ストーリー4」(7月12日公開)のジョシュ・クーリー監督、プロデューサーのマーク・ニールセンの来日イベントが東京都内で開かれ、俳優の唐沢寿明、タレントの所ジョージらが登壇した。

 1996年日本公開の第1作から、日本語吹き替え版で主人公ウッディの声を演じている唐沢は「今までの展開とまるで違う。スケール感がすごい」と新作の内容に感嘆。何世代にも愛されるシリーズを「子どもの頃から見ていた人が大人になって、またその子どもに見せる。日本でいうところのサザンオールスターズ状態」と独特の言い回しで表した。

 同じく長年、ウッディの相棒バズ・ライトイヤーの声を担当する所は「バズの映像を見ると俺だと思っちゃう。悲しい目に遭ってほしくない」とキャラクターへの思い入れは強いよう。「あのキャラに(実生活の)自分が合わせていく感じになっている。勘違いしたまま生きていく、思い込みだけで動く」と笑わせた。

 イベントには手作りおもちゃ「フォーキー」役で俳優の竜星涼、日本版主題歌「君はともだち」を歌うロックシンガーのダイアモンド☆ユカイも出席。26歳の竜星は「この作品と一緒に僕は成長してきた。まさか、新しい作品の一員になれるとは思っていなかった」と感慨深げだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事