ノーベル文学賞、8人に絞る 2年ぶり、選考委員長が明らかに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 取材に応じるノーベル文学賞選考委員会のオルソン委員長=ストックホルム(共同)

 【ストックホルム共同】ノーベル文学賞選考委員会のアンデシュ・オルソン委員長が28日までにストックホルムで共同通信と会見し、選考主体のスキャンダルにより昨年は授与が見送られ、今年10月に2018年と19年の受賞者が2人同時に決まる文学賞について「8人に絞られている」と明らかにした。

 村上春樹さんへの栄誉が期待される日本人候補に関しては「選考は最初に170~180人の候補を選んでから長い過程を経る。その中に日本人がいたと断言できる」と語った。一方で、8人に含まれているかどうかは明言しなかった。

 文学賞が2年分合わせて発表されるのは1950年以来。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事