仲介役ものまね芸人が謝罪 スリムクラブら謹慎の問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 お笑いコンビ「スリムクラブ」と「2700」が暴力団関係者の会合で営業した問題で、記者会見し謝罪するバンドー太郎さん=30日夜、東京都内

 お笑いコンビ「スリムクラブ」と「2700」が暴力団関係者の会合で営業し、所属する吉本興業が無期限謹慎処分とした問題で、ものまね芸人バンドー太郎さん(48)が30日夜、東京都内で記者会見し、自身が仲介役だったことを認めて「誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 バンドーさんによると、知人の建設会社社長から「飲食店を経営する兄の誕生日パーティーに出席してほしい」と頼まれ、スリムクラブと2700を誘った。それぞれに10万円が支払われたという。出席者の服装や雰囲気からは「(暴力団関係者とは)全く分からなかった」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事