俳優の渡辺圭祐が初写真集 「仮面ライダージオウ」出演中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特撮番組「仮面ライダージオウ」に出演中の俳優渡辺圭祐が、ファースト写真集「その節は。」の発売記念イベントを東京都内で開いた。「自然体」などをテーマに、故郷の宮城県で撮影した一冊。渡辺は「僕の25年間、生活や人となりを表現できた」とアピールした。

 出身高校なども訪れ「マネジャーも見たことがないほど」リラックスした表情を見せている。お気に入りはビールを飲んでいるカット。「お酒が大好きで、一番良い表情が撮れました」

 「仮面ライダージオウ」で、謎めいた仮面ライダーウォズ役を務める。演技初挑戦ながら、異なる未来からやってきた「黒ウォズ」「白ウォズ」の2役を巧みに演じ分けて話題を呼んだ。「みんなに愛されるキャラクターがつくれたかな」と、確かな手応えを感じている。

 上京から約1年。時計店主役の生瀬勝久らベテラン俳優との共演を通じて「何事にも動じなくなった」。挑戦したい役柄を問われると「まずは現代人の役。他には仁侠映画が好きなので、出てみたい」と話した。

 写真撮影では決めポーズとともにウォズが口にするせりふ「祝え!」にちなみ、報道陣から「祝ってください」とのリクエストが。渡辺は「やりづらい…」と苦笑しつつも、全力で応じていた。

 東京ニュース通信社刊、3024円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事