将棋、藤井七段が順位戦2連勝 珍しい午前の終局
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(16)は2日、大阪市の関西将棋会館で指された第78期名人戦順位戦C級1組の2回戦で堀口一史座七段(44)を47手で破り、2連勝を飾った。午前10時に始まった対局は相手の早い投了のため同11時23分に終わり、持ち時間各6時間の順位戦では珍しい正午前の決着となった。

 藤井七段は次回、3連勝を懸けて金井恒太六段(33)と対戦する。順位戦は最上位のA級からC級2組まで5クラスあり、C級1組は各10局を行い上位2人がB級2組へ昇級する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事