岡本真夜がショーの曲 ベビースターテーマパーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「おやつタウン」のショーのテーマ曲の発表会に登場した岡本真夜とベビースターキャラクターの「ホシオくん」=11日、東京都内

 7月20日に開業するベビースターラーメンのテーマパーク「おやつタウン」(津市)で開催されるショーのテーマ曲「笑顔のおまじない」の発表会が東京都内であり、作詞作曲と歌を担当したシンガー・ソングライターの岡本真夜が登場。「私も親なので、子どもに笑顔でいて、という思いを歌詞にした」と語った。

 おやつタウンのテーマは「みんなが笑顔になれる場所」。担当者が、漫画家さくらももこと岡本が共作したアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディング曲「アララの呪文」を聴き、「テーマが合っている」と制作を依頼したという。岡本は「アップテンポの曲を作るのが苦手で、お話をいただいて1年くらいかかった」と裏話を披露した。

 ベビースターラーメンは子どもの頃は小遣いを握りしめて駄菓子屋で買い、大人になってからはお酒のつまみにしたり、サラダにまぜたりしているそう。「(テーマパークでは)オリジナルの味付けで作れるのが魅力。チーズ味を作りたい」と笑顔を見せていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事