将棋、谷川が3位タイ1324勝 加藤九段に並ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 谷川浩司九段

 将棋の谷川浩司九段(57)は17日、大阪市の関西将棋会館で指された第69期王将戦2次予選で高見泰地七段(26)を破り、歴代3位の加藤一二三・九段(79)と並ぶ公式戦通算1324勝目(851敗)を挙げた。

 1位は羽生善治九段(48)の1438勝(594敗)=未放送のテレビ対局は除く=で、2位は故大山康晴15世名人の1433勝(781敗)。対局後、谷川九段は「羽生先生、大山先生まではまだ遠いですが、一局一局を大事に戦っていきたい」と話した。

 神戸市出身で、1976年にプロ入り。トップ棋士として長く活躍し、通算タイトル獲得数は歴代4位の27期。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事