勘九郎さん、公演に意気込み 11月、九州初の平成中村座
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 報道陣の取材に応じる中村勘九郎さん=20日午後、北九州市

 歌舞伎俳優の中村勘九郎さん(37)が20日、北九州市で報道陣の取材に応じ、同市内で11月に開催する「平成中村座小倉城公演」に向けて「一生懸命やらないといけないという身が引き締まる思いでいっぱいだ」と意気込んだ。平成中村座の九州公演は初めて。

 中村さんはNHK大河ドラマ「いだてん」の第1部の主人公、金栗四三を演じた。公演では中村さんの弟の七之助さん(36)とともに、「神霊矢口渡」や「恋飛脚大和往来 封印切」などの演目を披露する。

 平成中村座は、江戸の芝居小屋を再現しようと中村さんの父、故中村勘三郎さんが2000年に始め、国内外で公演してきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事