囲碁の井山、世界最強の棋士破る 国際戦の決勝へ進出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 井山裕太碁聖
 井山裕太碁聖 囲碁のLG杯朝鮮日報棋王戦準決勝で、中国の柯潔九段(右)を破った井山裕太碁聖=15日、東京都千代田区の日本棋院(日本棋院提供)

 囲碁の国際棋戦、第22回LG杯朝鮮日報棋王戦の準決勝は15日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、全七冠保持者の井山裕太碁聖(28)が世界最強とされる中国の柯潔九段(20)を破り、初の決勝進出を決めた。

 井山碁聖は、柯九段に公式戦2度目の対戦で初勝利した。柯九段は5月、米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャーの囲碁ソフト「アルファ碁」と対戦。3連敗したが、「世紀の対決」として注目を集めた。

 LG杯の決勝3番勝負は来年2月に行われ、謝爾豪五段(中国)と対戦する。日本勢としては、2005年の張栩九段以来3人目の優勝を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事