小学館児童出版文化賞決まる 小手鞠るいさんら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第68回小学館児童出版文化賞は12日、小手鞠るいさんの「ある晴れた夏の朝」(偕成社)、田中清代さんの「くろいの」(同)、おくはらゆめさんの「わたしといろんなねこ」(あかね書房)に決まった。賞金は各100万円。贈賞式は11月14日、東京都内で行われる。

 「ある晴れた夏の朝」は、さまざまなルーツを持つ米国の高校生8人が広島・長崎への原爆投下の是非を討論する物語。「くろいの」は、1人の女の子と不思議な生き物の交流を銅版画で描く。「わたしといろんなねこ」は、日常の中で不思議な猫たちと出合う少女の心の動きを描く童話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事