将棋のJT杯、渡辺が準決勝へ 羽生九段を破る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 将棋日本シリーズ、第40回JTプロ公式戦の2回戦第3局が14日、広島市で指され、後手の渡辺明JT杯覇者(35)が118手で羽生善治九段(48)に勝ち、準決勝に進出した。

 渡辺JT杯覇者は10月26日、大阪市で豊島将之二冠(29)―三浦弘行九段(45)の勝者と対戦する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事