囲碁の上野が女性初の決勝進出 17歳、一般棋戦の竜星戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 竜星戦決勝トーナメントの準決勝で対局する許家元八段(左)と上野愛咲美女流棋聖=14日、東京都千代田区

 囲碁の上野愛咲美女流棋聖(17)は14日、東京都千代田区で打たれた第28期竜星戦決勝トーナメントの準決勝で前碁聖の許家元八段(21)を破り、女性棋士で初めて、年齢や性別による出場制限のない一般棋戦で決勝に進出した。

 対局はCS放送で生中継され、1手を30秒未満で打つ早碁で打たれた。決勝は23日、一力遼八段―鈴木伸二・七段の勝者と対戦する。

 上野女流棋聖は2日に放送された2回戦で七大タイトルの一つ、「十段」を保持する村川大介十段を破り、女性棋士で初めて一般棋戦のベスト4に進出した。この活躍を受け、準決勝は異例の生中継で行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事