指揮者コンクールで日本人が優勝 仏ブザンソン国際
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ブザンソン国際若手指揮者コンクールの決勝で指揮を終えた沖澤のどかさん(中央)=21日、フランス・ブザンソン(共同)

 【ブザンソン共同】フランス東部ブザンソンで21日、第56回ブザンソン国際若手指揮者コンクールの決勝が行われ、青森県三沢市出身の沖澤のどかさん(32)=ベルリン在住=が優勝した。同コンクールで日本人としては、1959年に小澤征爾さんが初優勝して以来、10人目の優勝となった。

 沖澤さんは観客と演奏したオーケストラがそれぞれ選ぶ「観客賞」と「オーケストラ賞」も総なめした。小澤さんから続く優勝者の系譜に名を連ねたことについて「すごく重たく感じている。大きな賞に恥じないよう気を締めて頑張りたい」と喜びを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事