番組続編の放送は1年後に 「抗議と無関係」とNHK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かんぽ生命保険の不正販売問題を追及したNHK番組を巡り、NHK経営委員会が昨年10月、同局の上田良一会長を厳重注意していた問題で、同局が番組の続編を企画し昨年7月に取材を始めながら、放送は今年7月にずれ込んでいたことが26日、分かった。

 この間、日本郵政グループから抗議を受けていたが、NHKは「元々、放送日は未定で抗議とは無関係」と説明している。

 問題とされたのは昨年4月放送の「クローズアップ現代+(プラス)」。日本郵政グループ3社は連名で26日、NHKとの一連のやりとりについて「取材・制作現場への圧力を目的としたものではない」とコメントした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事