海賊版対策で意見公募へ 通常国会で著作権法改正目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 海賊版サイト対策として違法ダウンロードの規制を強化する著作権法改正に向け、文化庁が来週にも一般からの意見公募を始めることが27日、分かった。来年の通常国会で同法改正案の提出を目指す。ただダウンロードの規制対象を、現行の「音楽・映像」から「全ての著作物」に拡大するなどの内容に批判が相次ぎ、3月に国会提出断念に追い込まれた経緯があり、世論の理解を得られるかどうかは見通せない。

 意見公募は約1カ月間実施。政府がまとめ、国会に提出しなかった改正案をほぼそのまま公表し、改善の意見などを募る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事