将棋、藤井七段が白星スタート 王将リーグ初戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 藤井聡太七段

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は30日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第69期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で三浦弘行九段(45)を破り、白星発進した。トップ棋士7人が総当たりで行うリーグ戦は、優勝者が渡辺明王将(35)への挑戦者となる。

 対局を終えた藤井七段は「いいスタートが切れた。大変な強敵ばかりなので、気を引き締めていきたい」と話した。

 出場棋士は広瀬章人竜王(32)や豊島将之名人(29)、羽生善治九段(49)らで、藤井七段は最年少でのタイトル初挑戦を目指す。次は10月7日、豊島名人と対戦する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事