展示内容、中止前と変えず 「不自由展」6日にも再開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見で「再開合意」と書かれた紙を手にする「表現の不自由展・その後」の実行委員と弁護士=30日午後、名古屋市

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止となった企画展「表現の不自由展・その後」を巡り、10月6~8日の間の展示再開で合意した芸術祭の実行委員会と不自由展の実行委は30日、従軍慰安婦を象徴する少女像などについて中止前と展示内容を変えないことを確認した。

 大村秀章知事が同日、「中止した展示の再開で、開会時のキュレーション(展示企画)と一貫性を保持する」など4条件を提示。不自由展側が再開を求めた仮処分の審尋が同日、名古屋地裁であり、和解が成立した。

 不自由展側が求めた原状復帰が実現する見通しになった。芸術祭の最終日は10月14日。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事