「残念」春樹ファン落胆 ノーベル文学賞、来年に期待
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「彼の文学は素晴らしいのに、どうして」「残念」。ノーベル文学賞が欧州の作家2人に決まった10日、村上春樹さんの受賞決定を待ちわびていたファンやゆかりの人たちは落胆。「いつか取れる」と来年以降に期待をつなぐ声が上がった。

 「駄目だったみたい」。小説「羊をめぐる冒険」の舞台とされる北海道美深町では、レストランに集まった約20人のファンが一斉に肩を落とした。民宿経営の柳生佳樹さん(71)は「彼の文学は素晴らしいのに、どうして毎回…」と涙をにじませ、東京都の大学院2年の飯干大嵩さん(26)は「功績の勲章としていつか必ず取ってほしい」と期待を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事