テレビ朝日、報道番組でやらせ 買い物客はスタッフの知人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせがあったとして、記者会見で謝罪するテレビ朝日の篠塚浩常務(右)ら=16日午後、東京都港区

 テレビ朝日は16日夜、記者会見を開き、平日夕の報道番組「スーパーJチャンネル」が業務用スーパーを取り上げた企画に登場した買い物客が番組スタッフの知人で、スタッフが事前に取材日程を教えるやらせがあったと発表した。

 テレ朝によると、やらせがあったのは3月15日の放送回。業務用スーパーを業者ではなく個人で利用する客の人間模様を描く企画。登場した4人の客と客の知り合い1人が実際には番組スタッフである男性ディレクター(49)の知人だった。ディレクターは事前に取材日程を教え、店では初対面を装っていた。

 ディレクターは「番組制作に自信を失っていた」と話しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事