マツコ、北海道米をPR 「農業に関心持つように」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北海道の新米を試食するマツコ・デラックス=東京都内

 今年収穫された北海道の新米発表会が東京都内で開かれ、CMキャラクターを務めるタレントのマツコ・デラックスが登場。2014年からCMに出演し「生産者の苦労を知るようになり、農業にすごく関心を持つようになった」と変化を口にした。

 「米を我慢するくらいなら早く死んでもいい」と言うほどの米好きだ。仕事の忙しさから体調を気遣われると「大丈夫。相撲部屋並みに米や炭水化物を食ってるから」とさらり。「炭水化物を食べること以外に幸福はないんですよ」と言い切り、昔は1日に5合食べていたと明かした。

 「今は1日に300歩も歩かないのに3合食べてる」とも語り「私のまねはしないで。米は適量を食べていたら、太るものではない」と、行き過ぎた糖質制限ダイエットに異論を唱えた。

 今年の北海道米は天候に恵まれ、順調に育ったという。昨年が不作だったこともあり「農業はすごい仕事。自然と向き合いながら作っている。一粒一粒をかみしめたい」と誓った。

 「ゆめぴりか」「ななつぼし」など3種類の新米を何度も試食し、箸が止まらないおいしさをアピールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事