カトリーヌ・ドヌーブさんが入院 血管障害だが「回復可能」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カトリーヌ・ドヌーブさん

 【パリ共同】フランス紙パリジャン電子版は6日、女優カトリーヌ・ドヌーブさん(76)が5日夜から6日未明の夜間に体調不良となりパリの病院に入院したと報じた。地元メディアによると、ドヌーブさんの家族が声明を発表し、虚血性の血管障害だが、程度は「限定的で回復可能」という。

 ニュース専門テレビBFMは「多忙なスケジュール」による疲労が原因とする関係者の話を伝えた。

 1964年の映画「シェルブールの雨傘」のヒットでスターとなり、フランスを代表する大女優のドヌーブさんは今年公開された是枝裕和監督の最新作「真実」で主演。現在もフランス人監督の作品の撮影中だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事