ガリバーに御伽草子影響か 「小人の島」などに共通点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 御伽草子「御曹司島渡」(個人蔵)に描かれた小人の島

 英国の作家スウィフトの風刺小説「ガリバー旅行記」(1726年)と、日本の御伽草子「御曹司島渡」「蓬莱山」との共通点を示す概説が、13日刊行の「日本古書通信」で発表される。具体的な作品を挙げて類似性を指摘する発表は初めてで、御伽草子が影響を与えた可能性もあるという。慶応大の石川透教授(国文学)と原田範行教授(英文学)が、異分野の研究成果を統合して新説を導いた。

 石川教授によると、「御曹司島渡」は源義経が兵法書を求めてさまざまな島を訪れる物語。小人の島、巨人の島、馬人の島は旅行記と共通する。「蓬莱山」の絵巻には、空中に浮かぶような島や宮殿が表現されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事