皇位継承題材の漫画出版へ 自民、弘兼憲史氏起用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護る会」代表幹事の青山繁晴参院議員は19日、政府が始める安定的な皇位継承策の検討を巡り、女性天皇と女系天皇の違いなど皇統の歴史に関する理解促進を目的とした漫画を出版する方針を明らかにした。青山氏が原案、作画を「島耕作」シリーズで知られる漫画家の弘兼憲史氏が担当し、来年1月にも発刊する。

 青山氏は取材に「日本の伝統の根源を学び、知識を深めるきっかけにしてほしい」と語った。女子高校生が主人公のストーリーになるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事