井上靖氏69年にノーベル賞候補 初推薦、資料を開示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 井上靖氏

 【ストックホルム共同】1969年のノーベル文学賞選考で「天平の甍」「敦煌」などで知られる作家の故井上靖氏(07~91年)が候補者に推薦されていたことが分かった。選考主体のスウェーデン・アカデミーが共同通信の請求を受け、2日に資料を開示した。井上氏が同賞候補となっていたことが公式資料で判明するのは初めて。

 川端康成が受賞した68年の選考まで、候補に含まれていた作家の三島由紀夫と詩人の西脇順三郎は、69年の選考では推薦されていなかった。

 69年は井上氏を含め103の候補推薦があった。70年に受賞したロシアの作家、故ソルジェニーツィン氏も初推薦されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事