将棋、広瀬八段が勝ち2勝2敗 王将戦7番勝負の第4局
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 将棋の第69期王将戦7番勝負の第4局は20、21の両日、神奈川県箱根町で指され、挑戦者で先手の広瀬章人八段(33)が129手で渡辺明王将(35)を破り、対戦成績を2勝2敗とした。

 第5局は3月5、6日に大阪市で行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事