東照宮、千人武者行列を中止 新型コロナ感染拡大で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 栃木県日光市の日光東照宮は30日、新型コロナウイルスの感染拡大で、5月の春季例大祭で行う恒例行事の「流鏑馬」と「百物揃千人武者行列」を中止すると発表した。

 日光東照宮によると、流鏑馬は5月17日、武者行列は翌18日の予定だった。神職による祭典神事は非公開で実施する。

 流鏑馬と武者行列は秋の例大祭でも披露されており、担当者は「感染が終息し、秋には開催できることを願っている」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事