Tシャツ買って映画館支援 京阪神の13館訴え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 京阪神のミニシアター13館が販売する「関西劇場応援Tシャツ」

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で入場者減に見舞われている京阪神のミニシアター13館が運営資金の一助にしようと「関西劇場応援Tシャツ」をネット販売する。企画の中心となったシネ・ヌーヴォ(大阪市)の山崎紀子支配人は「個性的な地域の映画館が映画文化の多様性を支えている。来館とは別の形で皆さんの力をお借りしたい」と支援を訴えている。

12日までウェブサイト(https://localcinema.base.shop/)で注文を受け付け、2~3週間で届く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事