太宰治ゆかりの「玉川旅館」閉館 千葉・船橋、コロナ影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 太宰治が滞在した部屋を案内する「玉川旅館」おかみの長野與子さん=19日、千葉県船橋市

 千葉県船橋市にある太宰治ゆかりの「玉川旅館」が創業100年目の今年4月末で閉館し、19日、報道陣に公開された。国登録有形文化財になっている建物の修繕費用がかさんでいたことに加え、新型コロナウイルス感染拡大による宿泊客減少が追い打ちとなった。市が建物の構造調査などをした後、6月から取り壊される予定。

 1921年創業。35年、療養のため同市に転居した太宰が20日間ほど滞在し、小説「ダス・ゲマイネ」などを執筆したとされる。台風で被害を受けるたびに屋根を修繕してきたが、全てをふき替えるには億単位の費用がかかり断念。今年3月後半からは宿泊予約キャンセルが相次いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事