著作物使用料が過去最高 分配額1位「Lemon」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米津玄師さん(Photo by 山田智和)

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は20日、2019年度に放送や演奏、CDなどから徴収した著作物使用料の分配額の合計が過去最高の約1170億円だったと発表した。国内作品の1位はシンガー・ソングライターの米津玄師さんが作詞作曲した「Lemon」だった。

 徴収額の合計も過去最高の約1176億円。ネット上での音楽利用が大きく伸びたことが主な要因という。「Lemon」はテレビドラマの主題歌で、18年2月の配信以来、「ユーチューブ」で再生回数が5億回を超えるなど音楽配信サービスやカラオケを中心にヒット。米津さんは「感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事