歌舞伎座、公演を一部中止 舞台関係者に微熱の症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松竹は5日、東京・歌舞伎座「八月花形歌舞伎」公演の第3部「吉野山」の舞台関係者1人に微熱の症状が出たとして、同日の第3部を中止した。その後、PCR検査で陰性と判定されたため、6日以降は第1部から第4部まで全て上演する。

 松竹によると、同公演は、1演目ずつの4部制で各部総入れ替え方式を採っており、5日は第3部以外は予定通り上演した。舞台関係者は4日に微熱の症状が確認され、健康観察を行い、PCR検査を受けていた。

 歌舞伎座では新型コロナウイルスの影響で3月から、観客を入れての公演が途絶え、8月1日に約5カ月ぶりに再開。以後、初めての公演中止となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事