平等院鳳凰堂の旧扉に「来迎図」 光学調査で確認、複数の菩薩描く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 菩薩が描かれていることが分かった平等院鳳凰堂の旧中央扉の北扉(横に倒して設置)=12日午後、京都府宇治市

 平等院(京都府宇治市)は12日、鳳凰堂の旧中央扉内側を光学調査した結果、複数の菩薩が描かれた「来迎図」を確認したと発表した。鳳凰堂が創建された1053年当初に使われていた扉で、創建時の姿を知る手掛かりになるという。

 平等院によると、旧中央扉は2枚の扉からなり、菩薩が描かれていた北扉は横幅約1・6メートル、高さ約4・6メートル。江戸期の修理(1670年)で取り外されて以降、平等院で保管されていた。いずれも表面は木地が露出、肉眼で図像は確認できていなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事