最古級の後期旧石器を発見 京都、遠隔地からの石材を加工
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 後期旧石器時代前半の石器が出土した稚児野遺跡=26日午後、京都府福知山市

 京都府福知山市の稚児野遺跡で後期旧石器時代前半の石器約700点が発見され、京都府埋蔵文化財調査研究センターが26日、発表した。地層や石器の特徴から約3万6千年前と推測され、同時代では最古級という。

 同センターによると、約3300平方メートルを発掘調査し、約3万年前の噴火でできた火山灰層の下から石器を発掘した。大阪府と奈良県の境の二上山から運ばれたとみられる岩石が約200点見つかったほか、隠岐諸島(島根県)の黒曜石の破片も約10点見つかった。ほとんどは加工の際に出る石くずだったが、石斧などもあり、加工場としての機能を持つ集落だった可能性があるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事