阿蘇神社で楼門の立柱祭、熊本 地震で被災、安泰祈る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 阿蘇神社の楼門の工事現場で行われた「立柱祭」=18日午前、熊本県阿蘇市

 2016年4月の熊本地震で被災した阿蘇神社(熊本県阿蘇市)で18日、全壊した国指定重要文化財・楼門の復旧工事の安全と、建物の安泰を祈る「立柱祭」があった。

 約40人が参加。6本の木柱が既に立てられており、阿蘇惟邑宮司が祝詞を読み上げた後、棟梁らが柱を木づちで打ち固める所作をした。阿蘇宮司は「4月で地震発生から5年になる。皆さんの希望となるよう工事を進めたい」と話した。

 神社によると、楼門は1850年に建てられた高さ約18メートルの二重門で、「日本三大楼門」の一つとされる。

 復旧では、倒壊前の木材の7割を再使用。基礎工事は19年8月に始まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事