長崎・黒島天主堂の修復完了 世界遺産の離島集落
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 修復工事が終了した黒島天主堂=23日午後、長崎県佐世保市
 修復工事が終了した黒島天主堂=23日午後、長崎県佐世保市 修復工事が終了した黒島天主堂で営まれた記念ミサ=23日午前、長崎県佐世保市

 世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する長崎県佐世保市の「黒島の集落」で、シンボルの黒島天主堂の修復工事が終了し、記念ミサが23日営まれた。1902年に完成したれんが造りの天主堂は、2019年3月からしっくいの壁の塗り直しなどの補修や耐震化工事が行われていた。

 佐世保市の離島・黒島には江戸時代、キリシタン弾圧を逃れた多数の信徒が長崎市外海地区などから移り住んだ。黒島天主堂は1897年に赴任したフランス人神父が設計し、信徒の協力を得て完成させた。現在も、島民の約8割がカトリックを信仰している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事