70年、日本人2人が文学賞候補 ノーベル賞、石川達三と伊藤整
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 石川達三、伊藤整

 【ロンドン共同】1970年のノーベル文学賞の選考で、作家の石川達三と、作家で評論家の伊藤整の日本人2人が候補に推薦されていたことが10日分かった。選考主体のスウェーデン・アカデミーが共同通信に当時の選考資料を開示した。

 70年に受賞したのはロシアの故アレクサンドル・ソルジェニーツィン氏。

 ノーベル賞の候補者名や選考過程は50年間非公開となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事