将棋、藤井二冠が叡王に初挑戦 斎藤八段を破る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 藤井聡太二冠
 藤井聡太二冠 第6期叡王戦本戦トーナメント決勝で、斎藤慎太郎八段を破った藤井聡太二冠=26日、東京都渋谷区の「Abema TV」スタジオ(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太二冠(18)は26日、東京都渋谷区の「Abema TV」スタジオで指された第6期叡王戦本戦トーナメント決勝で、斎藤慎太郎八段(28)を破り、同棋戦の初挑戦を決めた。7月25日開幕の5番勝負で、竜王を持つ豊島将之叡王(31)と対戦する。

 藤井二冠は昨年の棋聖戦と王位戦に続いて、3回目のタイトル挑戦となった。今期の叡王戦は段位別予選を突破し、本戦トーナメントに進出した。

 終局後、藤井二冠は「挑戦は1年ぶりなのでうれしい。(豊島叡王は)とても手ごわい相手。5番勝負を盛り上げられるようにしたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事