林家木久扇さんが落語会で復帰 いすに座って元気に口演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ネタを繰り広げる林家木久扇さん=10日、福岡市の博多座

 5月下旬に自宅で転倒して大腿骨を骨折し、療養していた落語家の林家木久扇さん(83)が10日、福岡・博多座で開かれた「林家木久扇芸能生活60周年記念落語会」で高座に復帰、いすに座って元気に口演した。

 盛大な拍手に迎えられた木久扇さんは「高座に戻るために一生懸命頑張って、こうやってまたお話しすることができました。ありがとうございます」などと語った。約1カ月の入院生活をユーモア交じりに話した後、師匠林家彦六のエピソードなどを面白おかしく語るネタを繰り広げた。

 同会には、桂文枝さん、笑福亭鶴瓶さん、春風亭小朝さんらも出演、木久扇さんを激励した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事