大坂選手に編集者が差別的投稿 徳間書店が業務委託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳間書店は28日、同社が業務委託している編集者が会員制交流サイト(SNS)の個人アカウントを使い、テニスの大坂なおみ選手の人権を侵害する不適切な投稿をしたとして、同日付で契約を解除したと発表した。

 同社によると、編集者は同社がインターネット上で運営する情報サイト「&GP」の編集を担当していた。大坂選手が27日に東京五輪で敗退後、ツイッターに容姿などを中傷する差別的な内容の投稿をしていたという。

 同社は公式サイトで「いかなる場合においても人権侵害はあってはならない」として謝罪した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
全国ニュース > 文化・芸能の記事
 作家の村上春樹さんが寄贈した原稿などを所蔵し、10月1日に開館する早稲田大の国際文学館(村上春樹ライブラリー)が公開された。設計は建築家の隈研吾さんが担当、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さんが改装費用を寄付した=22日午後、東京都新宿区
新着記事