短編映画制作で多様性に光 ディズニーがプロジェクト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「ディズニー・ローンチパッド」の短編映画「イード」より((C)2021 Disney)

 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーは、多様性に焦点を当てた短編映画制作プロジェクト「ディズニー・ローンチパッド」を立ち上げた。機会に恵まれてこなかった少数者としてのバックグラウンドを持つ気鋭のクリエーターを選抜し、第一線で活躍する指導者が映像制作をサポートする取り組みだ。

 第1弾のテーマは「ディスカバリー」。イスラム教の祝祭を学校の休日にしようと奮闘するパキスタン人移民の少女を描いた「イード」や、バレエや人形遊びが大好きな中国人の少年の友情物語「リトル・プリン(セ)ス」など6作品が動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」で配信されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
全国ニュース > 文化・芸能の記事
 作家の村上春樹さんが寄贈した原稿などを所蔵し、10月1日に開館する早稲田大の国際文学館(村上春樹ライブラリー)が公開された。設計は建築家の隈研吾さんが担当、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さんが改装費用を寄付した=22日午後、東京都新宿区
新着記事